企業法務は従業員を保護する課でもある

企業にとって企業法務は重要性が高くなっており、諸問題の解決以外にも様々な働きが求められています。
企業法務は企業内外で発生する問題を解決する臨床法務が主な仕事とされていましたが、契約書の作成、また不備などを修正し取引先と円滑な関係が築けるようにしていく事、また従業員へリスク管理を徹底する指導を行う事などの予防法務、さらに企業の業務に関わる戦略法務などの仕事が加わり、現在、企業において重要な役割を担っています。

企業を取り巻く環境は日々変化し、これまで企業にとって関連性のなかった業務も増加し、業務内容が複雑化しています。
業務に関連する法律改正などもあり、経営者はたくさんの変化に対応していかなければなりません。
法律に関連する問題が発生した場合に、迅速に活動できるようにするため企業の多くが顧問弁護士を置き対応していますが、企業内部に法務の専門知識を持った人材がいることで、顧問弁護士と連携をとり活動でき、それが企業において内外の変化に対応していく力となっています。

企業法務というと、法律に関わる事、またリスク管理などを主に仕事を行っていくというイメージがあり、どちらかというと企業を守るための部門というイメージが強いのですが、実は、リスク管理やコンプライアンスを従業員に徹底する事で、従業員を保護するという事にもつながっています。

コンプライアンスやリスク管理の指導を徹底して行う事で、従業員は間違った行動を起こすことが無くなりますし、企業内部の人間関係の修正などに対しても行動を起こすため、従業員の人権を守る働きもあります。
当サイトは企業法務が働く人の人権を守る働きを持っていることを紹介します。
当サイトが皆様のお役にたてたら幸いです。



[管理人注目サイト]
年額費用4万円から顧問弁護士を利用できます →→ 顧問弁護士 年額費用